Move “コミュニケーションのあり方”

ここで鍛えた力があれば、

あらゆる人の力になれる。

katsuya Obata
ストラテジックプランナー 小籏 克哉

2007年入社/新卒入社
トヨタ自動車やダイハツ工業担当の営業、トヨタ自動車への出向を経て、2019年より現職。
趣味:テニス・ゴルフ

キャンペーンの軸となる、
戦略を担う

広告には小学生の頃から興味がありました。父親がCMの制作をしていて、撮影現場に連れて行ってもらうことがあり、それが楽しかったんです。最初はクリエイティブが面白そうだと思いましたが、深く知るほどに広告全般に興味が広がりました。
就職活動は広告業界に絞っていて、その中でデルフィスに惹かれた理由は、人の生活に大きな変化を与えられるクルマという商材に魅力を感じたからです。
現在はストラテジックプランナーとして、クルマ、金融など、幅広いクライアントにおけるコミュニケーション領域のプランニングを担当しています。営業やアクティベーション、クリエイティブなど様々な部署と連携しながら、骨子となる戦略を組み立てていくことが主な仕事。人の気持ちが動くツボを見つけ、それをクリエイティブに渡して企画を考えてもらうための橋渡しの部分を担います。
これまで営業を8年、トヨタ自動車への出向が3年、経営企画が1年半と、様々な仕事を経験。営業のときはクルマのキャンペーンでマスから店頭販売まで一気通貫したコミュニケーションを仕掛けたり、トヨタ自動車への出向時には13年ぶりに復活したスポーツカーの国内導入プロジェクトを担当するなど、印象に残っている仕事はたくさんあり、全ての経験が現在に活きています。

商品の定義から
クライアントと考え抜く

仕事のスタイルとして、近年はメーカーから明確なオリエンテーションが提示される時代ではなくなってきました。「そのクルマをどう定義するか」という上流部分からクライアントと一緒に考えることが多いです。そのクルマが達成すべき目的を定め、ターゲットは誰かを考え、その人が動くポイントを探って課題を設定し、ブレイクスルーするためのコミュニケーションを考えていく。
こうしてつくり上げたプランをまずは社内のプロジェクトメンバーに伝えますが、それぞれの立場から意見をくれるので、みんなが納得して、いいと思ってもらうことは容易ではありません。仕事の質を高めるためには、生活者のプロフェッショナルであるべきだと思っています。
日々生活して感じていることを元に仮説を立て、それが正しいかどうかデータを元に検証することも重要です。そのために、毎朝、新聞を読んだり、ラジオを聞いたり、雑誌を読むなど、様々な情報に触れるようにしています。
SNSやインターネットの情報はどんどん興味あるものだけに偏ってしまう。自分の枠から敢えてはみ出すことも心がけていて、美容室に行ったら普段読まない雑誌を見せてもらうように頼むことも。
これまで様々な仕事をしてきたので、今の部署の業務領域に捉われず、プロジェクトの成功に向けて組織を横断した仕事を心がけています。

培ってきたスキルを、
新たな領域で活かしたい

デルフィスで働く魅力は、トヨタ自動車のハウスエージェンシーでありながら、幅広いクライアントの仕事も手がけられること。トヨタ自動車には様々なメンバーが出向していますし、クライアントと代理店という関係性を超えたチームという感覚があります。
プロジェクトの上流部分から一緒に悩み、マスコミュニケーションだけでなく、ディーラー回りまで一気通貫して行動を共にするので、関係性の深い部分で仕事ができます。
最近は幅広いクライアントの仕事が増えてきましたが、トヨタグループの仕事で鍛えられた筋肉は、違う領域でも通用すると実感しています。
クルマという商材は、金融や保険とも密接に関わる基幹産業なので、自動車産業の知見は、近しい業界のビジネス理解に繋がりますし、コミュニケーションの立案にも役立ちます。トヨタ自動車と他の仕事の両方を手がけることで、お互いに活かし合いながら、好循環を生み出すことができます。
今後の目標は、より幅広い領域を手がけたくて、特に地域に密着した活動に興味があります。ですが、地域を盛り上げたいといっても、やったことのない人の言葉では説得力がありません。個人的には、会社がある神田淡路町の活性化に参画できないかと考えていて、相談し始めているところです。

Move My Brain

脳をフル回転させる瞬間

アイデアや戦略を考えるときは、社内外を問わずとにかく人と話すようにしています。自分の中で一通り考えたら、周囲の人からどのような反応を得られるかをチェック。その意見を加えることで、より良い企画になることが多々あります。また、最近は仕事のスタイルを朝型に変えました。以前は夜遅くまで考えることもありましたが、夜はちゃんと寝て、フレッシュな朝にやる方が効率的だと改めて実感しています。仕事ばかりをするのではなく、メリハリをつけた生活も心がけていて、趣味のゴルフやテニスをするなど、意識的に体を動かすようにしています。あとはやはり、仕事で打席に立つことが大事。幅広い仕事を経験することで、悩んだことや学んだことなど、様々な点が繋がってくる。その点をいかに増やせるかが大事だと思います。

Daily Schedule 社員の1日

  • 7:00

    起床

    朝起きたら、アレクサに頼んでラジオをつけることが日課です。TVだと、つい見入ってしまうので(苦笑)そして、スマフォアプリで新聞を読みながら、担当しているクライアントや業界のトピックスを中心に世の中の動きをキャッチします。

  • 9:00

    出社~
    朝イチの企画作業

    出社直後は頭がスッキリしてるので、企画や資料づくりの時間に充てます。朝に収集した情報が、そのまま企画に紐づいていくことも!日々の生活の中で得られる気づきや経験が、アウトプットにつながる仕事だということを実感する瞬間です。

  • 10:30

    社内ミーティング①

    プロジェクトのメンバーが集まり、それぞれの進捗状況を共有。笑っていますが、しっかりと次回の提案に向けた作戦を練っています!

  • 12:30

    淡路町ランチ

    オフィスがある神田淡路町は、美味しいお店がたくさんあります。特に、蕎麦やカレーは有名。今日は新しいお店を開拓してます!

  • 15:00

    社内セミナー

    業界別の最新トピックスを扱う社内セミナーに出席。社内外の有識者・クライアントをお招きして、様々な情報を得られるセミナーが定期的に開催されています。

  • 17:00

    社内ミーティング②

    提案が近づいてきたプロジェクトでは、企画書の流れをメンバー全員でチェック。プレゼンはドキドキしますが、とても楽しみな瞬間です!

  • 20:00

    フットサル部→
    飲み会

    この日は、会社のメンバーでフットサル!先輩・後輩と一緒に気持ちいい汗を流しました。そのまま夜の飲み会へ!色んな気づきとエネルギーをもらえます。