OFFICE オフィス

第29回 日経ニューオフィス賞を
受賞しました。

固定概念を脱したオフィス実現のために最先端の働き方を議論し、7つの "C"(Creative、Crossover、Communicate、Collaborate、Customer Delight、Connect、Compliance)をビジョンにかかげ、その働き方に見合うオフィスづくりを2015年に東京本社、2016年に名古屋支社にて行いました。なお、東京本社オフィスは第29回日経ニューオフィス賞※においてニューオフィス推進賞 クリエイティブ・オフィス賞を受賞しております。今後も、より良いオフィスを目指し改善を実施していく予定です。

日経ニューオフィス賞とは?

日経新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が「ニューオフィス」づくりの普及・促進を図ることを目的とし、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰する制度。

http://www.nopa.or.jp/prize/contents/congratulation29.html
  • 東京本社

    オフィスの真ん中に位置するセンターカフェ。飲食やくつろいだ談笑から打合せ、個人作業まで幅広く対応可能なスペースです。

  • 東京本社

    同じくセンターカフェ。全社員に貸与されているSurfaceを持ち寄って、気軽に打合せをすることができます。

  • 東京本社

    シェアデスク。「社内のどこでも仕事ができる」を前提に、グループアドレス制(部門単位でのフリーアドレス)を採用しています。

  • 東京本社

    同じくシェアデスク。Surfaceと席のモニターとを接続することで、大きな画面を見ながら作業することができます。

  • 東京本社

    Surfaceの他に、全社員にiPhoneが貸与されています。電話やメールだけでなく、資料の閲覧も可能です。

  • 東京本社

    ヘイブンPit。外部を遮断して集中的に作業するための半個室型デスクです。※ヘイブン/haven=隠れ家

  • 東京本社

    ソロワークベンチ。壁に遮られた半隠れ家的なスペースで、個人作業や休憩などに利用されています。

  • 東京本社

    フォーカスルーム。社員の執務フロア内にある会議室で、少人数での打合せや面談などに利用されています。

  • 東京本社

    同じくフォーカスルーム。全会議室にモニターとテレビ会議システムが備わっているため、離れたオフィス間をつないで打合せをすることができます。

  • 東京本社

    ミーティングルーム。会議室・来客フロアには大小さまざまな会議室があります。社外の方との打合せから、社内の打合せまで、幅広く利用されています。

  • 名古屋支社

    エントランス。会議室・来客フロアの受付スペースで、お客様と簡単な打合せをすることもできます。

  • 名古屋支社

    シェアデスク。東京本社と同様に、グループアドレス制(部門単位でのフリーアドレス)を採用しています。

  • 名古屋支社

    センターカフェ内の打合せブース。通称、ファミレス席と呼ばれており、気軽に打合せをすることができます。モニターも設置されています。

WELFARE 福利厚生

  • 退職金制度

    退職時の基本給、勤続年数等に応じて、退職金を支給する制度です。

  • カフェテリアプラン

    社員1人ひとりのニーズに合わせて、ライフスタイルをサポートする制度です。自動車購入や財形貯蓄、レジャー・旅行、育児・介護等に利用できるポイントとして毎年一定額を付与します。

  • 人間ドック費用補助

    35歳以上の社員は人間ドックを無償で受診できます(年1回)。また、社員のご家族(被扶養者)が受診される場合も、一部費用を補助します。

  • 住宅資金支援

    社員の住宅建設・購入、改築をサポートするため、住宅資金に対して利子補給する支援制度です。

  • 財形貯蓄制度

    社員の財産形成をサポートするため、希望する金額を給与・賞与から天引きし、取扱金融機関を通じて貯蓄する制度です(一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄)。

  • トヨタグループ
    生命保険プラン加入制度

    トヨタグループの団体保険に加入できる制度です。個人加入の保険と比較して割安な金額にて加入いただけます。

  • トヨタグループ
    自動車保険プラン加入制度

    生命保険プラン加入制度と同様に、トヨタグループの団体保険に加入できる制度です。個人加入の保険と比較して割安な金額にて加入いただけます。

  • 社内クラブ活動支援

    社員による自主的なクラブ活動に対して会社から支援金を支給します。

  • シャッフルランチ

    部署の垣根を超えたコミュニケーションの活性化とネットワークづくりを目的としたランチ交流会。

WORK STYLE 働き方

※条件あり
  • 在宅勤務制度

    オフィスに出勤せず、
    自宅でのリモートワークが行える制度です。
    新たな働き方により生産性の向上を目指しています。

  • スーパーフレックス

    社員が裁量をもって、
    出社/退社時間を決められます。

  • ブレイク10

    健康維持のため、
    22時以降の深夜残業を原則禁止しています。

研修・育成

  • キャリアパス申告制度

    年に1度、上司と自身のキャリアプランについて話し合い、将来に向けてどのようなステップでキャリアパスを踏んでいくか上司とともに考え、上司は実現に向けて支援していく制度です。

  • ジョブローテーション
    (若手)

    入社後3年目を目安に、部署異動(ローテーション)を実施しています。これは若いうちに複数部署を経験し、幅広い業務経験を通じて様々な状況への対応力を養うことを目的としています。同時に、幅広い経験を通じた自身のキャリアパスの明確化も狙いとしています。

  • 階層別研修

    新入社員研修、期中入社研修、リーダーシップ研修、マネジメント研修、昇格時研修、トヨタ自動車の仕事の進め方を学ぶ研修など、各資格階層ごとに求められるスキルを養うためのカリキュラムを用意しています。

  • 社外セミナー受講制度

    希望する社外セミナーに一定の条件下で参加する場合、受講費を会社から補助する制度です。

  • 語学研修支援制度

    社外の語学研修機関を受講し一定の条件をクリアした場合、学費の一部を補助する制度です。

  • トレーナー・メンター制度

    組織/業務上で直接的に関与する上司やトレーナーに加え、直接的に関与しない他部署の人材をメンターとして配置。会社生活に関する相談の他、私的なことまで広く相談に乗り、新人社員を精神的にサポートします。

  • 社内講演会・勉強会

    外部講師を招いた講演会・勉強会を定期的に開催しています。社員は無料で受講できます。

休日・休暇

  • 休日

    週休2日制(土日)/ 国民の祝日/年末年始(12月29日~1月4日)

  • 年次有給休暇

    勤続年数に応じて、入社初年度より規定日数を付与します。未消化分の日数については翌年度に限り繰り越すことも可能です。なお、付与された有給休暇は半日単位で取得できます。

  • 特別休暇

    年次有給休暇とは別に、下記の特別休暇を取得できます。
    (結婚休暇/子女結婚休暇/忌引休暇/法要・祭祀休暇/生理休暇/産前産後休暇/看護休暇/介護休暇など)

  • ボランティア休暇

    社員の社会貢献活動の促進のため、ボランティア活動へ参加する場合、年間5日までボランティア休暇を取得できます。

  • メモリアル休暇

    社員本人の結婚記念日、本人及び1親等以内の親族の誕生日、1親等以内の親族の命日などメモリアルな日のある月またはその前後の月に年間1日のメモリアル休暇を取得できます。

  • 永年勤続表彰者特別休暇

    永年勤続表彰者に対して勤続年数に応じた特別休暇を付与します。

    ※永年勤続表彰者に対しては特別休暇とは別に記念品(商品券)も付与します。
  • 出産休暇

    産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間の特別休暇を取得できます。

    ※パートナーが出産する場合は、3日間の特別休暇を取得できます。
  • 育児休業

    子どもが1歳に達するまで育児休業を取得できます。

    ※保育所への入所を希望していたにもかかわらず入所できなかった場合、子どもが3歳に達するまで延長可能です。
  • 育児短時間勤務

    小学校4学年までの子どもと同居し養育する場合、勤務時間を短縮できます。

  • 子の看護休暇

    小学校就学の始期に達するまでの子どもの看護を目的として、年間5日(子が2人以上の場合は年間10日)まで看護休暇を取得できます。

  • 介護休暇・休業

    要介護状態にある家族の介護その他の世話を目的として、年間10日(要介護の家族が2人以上の場合は年間20日)まで介護休暇を取得、また、通算93日間の範囲で介護休業を取得できます。

  • 介護短時間勤務

    要介護状態にある家族の介護その他の世話を目的として、勤務時間を短縮できます。