時代を動かす大きなうねりを、

デルフィスが牽引していく。

企画営業 各務 竜介

2018年入社/中途入社
前職:総合制作会社で営業・プロデユーサー
趣味:ギター、音楽鑑賞(JAZZ、ROCK)

100年に1度の
大変革期だからこそ

私の所属している部署は、今までのデルフィスにはなかった案件やクライアントを獲得していくことがミッションです。現在は、100年に1度と言われる自動車業界の大変革期。トヨタ自動車の提唱するモビリティ社会では、ITを通じて自動車が家や街とつながる未来を描いていますし、逆に自動車が様々なショップや医療機関の一部を担うようになるかもしれない。私たちもこれまでの概念や手法に囚われることなく新たな領域に踏み出す必要があるわけです。
新規案件を獲得するにあたっての、デルフィスの強みはどこにあるのか。私個人の考えですが、大きく分けて2つの武器があると思っています。
1つは、ハウスエージェンシーとして培ってきたクライアントに寄り添うスタイル。クライアント自身も新たなチャレンジをしている最中ですから、未来に明確な答えを持っている人は一人もいません。だからこそできるだけ近くに寄り添いながら、クライアントの強みや課題を抽出するところから伴走する手法が受け入れられていると実感しています。
もう1つは、柔軟に外部パートナーの力も取り入れるやり方です。想像以上に速い変化スピードに対応するためにも、様々な専門家の力を借りながらソリューションを提供しています。

答えは、
広告ではないかもしれない

最近の例で言うと、クライアントの社員の皆さまの意識改革プロジェクトを推進しています。クライアントは、ものすごいスピードで変革したり、事業が多様化。社外の人に伝える前に、社員だけでなく取引先の社員も含めて全員の意識を統一しておくことが不可欠です。
それを実現するためのソリューションは、単なる広告では限界があります。世の中に多々ある社会的課題に、クライアントのテクノロジーがいかに役に立つのか、解決につながるのかを、視点を大きく構え、外部パートナーとタッグを組んで、手法も含め試行錯誤しています。そのプロセスから、とてもワクワクしながら取り組んでいます。
実は以前から、個人的な活動として「戦略的飲み会」に力を入れています。新しく何かやろうと思った時の選択肢を増やすために、先進的な会社の経営者やクリエイティブディレクターと食事に行って、いつか一緒に仕事をしましょうと約束を取り付けておく。彼らは非常に熱い方が多いので、こちらも情熱をもって接することが重要です。自由に幅を広げていけるこの環境はとてもありがたいですね。

チャンスとポテンシャルに
溢れている

デルフィスは、計り知れないチャンスとポテンシャルに溢れた会社です。日本にはたくさんの産業がありますが、自動車とその関連事業が中心にあることは間違いありません。またそれは、世界のテクノロジーの中心でもある。
先ほどもお伝えした通り、自動車業界は大きな進化・改革の時期を迎えています。自動車を中心に、社会や生活者をつなぐ新たな事業、サービスが次々と生まれつつあるこの時代。それらを世の中に伝えるためのプロモーションを担えるのは、デルフィス以外にはありえない。私がこの会社に転職してきた理由もまさにそこにあります。
激しい変化を続ける環境の中で、クライアントも外部パートナーも、そしてもちろんデルフィスの社員たちも、熱く仕事に打ち込んでいます。常に前のめりで、後ろを振り返る隙もない。単に広告を作るのではなく、新しい事業やサービスを世の中に浸透させて、クライアントとデルフィスをともに発展させていく。
モビリティの変革期を牽引しようという熱い想いを持った人たちに揉まれる環境は、私にとって非常に幸せです。長く広告業界にいるからこそ、余計にそう感じるのかもしれません。

JOB

今までのキャリア・経験を活かしたうえで、
デルフィスへの転職を希望される方は
こちらをご確認ください。

Read More